ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/10/11

[講習]「特許情報の分析・活用」セミナー<第3回目>。[東京]


弊社酒井美里が株式会社パテントテック様で
「特許情報の分析・活用」セミナー<第3回目>
の講師をさせていただきます。

詳しくは下記をご覧ください。
皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

お申し込みは下記URLの一番下からお願いいたします。
http://www.patent-tec.jp/seminar/seminar34


以下、詳細は株式会社パテントテック様のお申し込みページより引用です。
記事の続きからどうぞ



企業の知的財産に関する活動は、 
単に創出された発明の権利化を図るのみではなく、
 事業戦略・経営戦略の段階から研究開発テーマの企画、事業化までの
すべての段階において知的財産を意識するべきである、と 言われて久しい。

各企業が事業戦略や経営戦略を意識しつつ、
知的財産戦略を構築・実行する中で 
注目されているのが特許情報の分析・活用である。 

近年は技術の進歩により、 
高機能な情報解析ツールが提供されるようにもなり、
特許情報分析はより身近なものとなってきた。

しかしながら、解析ツールが高機能化しても
分析対象の母集団が適切でなければ、 
誤った結論を導き出す恐れもあるだろう。 

本講演では、 特許情報分析の手順と検索テクニックの両面から、 
実務経験に基づいて解説を行う。 

1.特許情報分析の手順  
1.1 特許情報分析の代表例  
1.2 マクロ分析とミクロ分析  
1.3 非特許情報の主要な情報源  
1.4 分析結果妥当性の簡易評価 

2.解析母集団作成のテクニック  
2.1 マクロ分析の母集団作成基本テクニック  
2.2 マクロ分析向けのTIPs(小技)とNG集  
2.3 ミクロ分析の母集団作成基本テクニック  
2.4 ミクロ分析向けのTIPs(小技)とNG集  
2.5 海外特許分析の母集団作成について 

3.特許情報分析の事例  
3.1 例-1 競合2社の比較  
3.2 例-2 次世代製品の開発状況推定  
3.3 例-3 時系列から変化を読み取る

   講 師:酒井 美里 スマートワークス(株)代表取締役
                 元セイコーエプソン(株)知的財産本部
   
   場 所:東京都千代田区神田佐久間町1-14 第2東ビル606号

                 PAT-T606会議室
   

   時 間:半日間コース(13:00~17:00)
   
   受講料:28,000円(税込)

   
   定 員:20名

   
   日 程:2013年11月15日(金)13:00~17:00






別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: