ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 




代行調査依頼  💡最短納期は5月下旬です。
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2021年度受付中!  
📆出張講習スケジュール(2021年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表



2012/03/19

[IPDL] 中国実用新案の和文抄録 [CN]

photo credit: gynti_46 via photopin cc

今週末、IPDLがメンテナンス休止しておりました。

事前のアナウンスでは、
中国実用新案の和文抄録(機械翻訳)が使えるようになる、との事でしたので・・・

速攻で見に行きました!



● どこで検索できるの?

「日本語で、和文抄録(和抄)の内容を検索する」なら、公報テキスト検索です。

他には、外国公報DBで番号検索した時に、和抄があれば結果に併記されます。

● どのくらい収録されたの?

・・・現時点(3/19)では、50000件ですね。 (少なっ!) ← 関係者の皆様すみません・・・

機械翻訳との事なので、追加のスピードは早いのではないかな、と思います。
また、H24年度中には、中国特許和文抄録の収録もスタートする予定、との事です。 ( → 出典)

● 機械翻訳のデータソースは?

特許庁のアナウンスによれば、中国国家知識産権局(SIPO)の「中国実用新案・英文抄録」を機械翻訳しているようです。



SIPOの英文抄録ねぇ・・・
SIPOの・・・   (←何か考え込んでいるらしい。)

あー、あれだ!


たとえば、
中国実用新案の  201390164  。


IPDLの和文データは、こんな風に入っているのだけど、(クリックで拡大できます)




SIPOの英文抄録といえば、そのままEspacenetにも収録されてます。こんな感じ。


・・・確かに同じ抄録!



欧州特許庁も、今、機械翻訳に力を入れているのですよね。
欧州言語がそろそろ一段落して、成果も出ているところ。次はアジア言語、と言われてます。

→関連記事:[動画] Espacenet、複数言語対応の機械翻訳。
→関連記事:[記事紹介] EPOとJPO、機械翻訳ツールの提供に向け協力


この手の話題って、
なんだか 「早く中国特許の和文抄録も入ったらいいのになー」 と思ったり、
「ちょっと時間かかってもいいから、うまく国際協力できる部分ってないのかな?」 と思ったり、
毎度のことながら、複雑な心持ちになりますね・・・(^^;



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: