ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2012/03/08

特許調査は事前思考が8割 - その1

photo credit: LHOON via photopin cc

前日の講習会@つくば での話題から、ちょこっとご紹介です。


「特許調査において、スキル、ツール、考え方などの観点で、重要視されているもの・ことがあれば教えてください。」 と、ご質問を頂きました。 (原文通りではないかもしれませんが、このような内容だったと思います。)

私がこの3項目、「スキル、ツール、考え方」 に順位をつけるなら・・・




-------------------------------------
1位 : 考え方 (思考)
2位 : 検索スキル (特許制度やデータベースの知識も含めて)
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
3位 : ツール  (データベースの選択)
-------------------------------------
って感じです。


ひとつづつ説明すると、
まず、何と言っても

● 考え方

が、私にとっては一番大切で、「ここで調査結果の8割が決まる」 という位です。(きっぱり)



ああっ!皆さん

「・・・検索スキルは、たった2割か・・・」 (がくーん)

なんて、戦意喪失 しないでくださいねーーー!
検索スキルも、すごく大切ですから!


私にとって
● 検索スキル

は 「想定した検索ターゲットを、できるだけ適切な検索条件に置き換える手段」 です。


そういえばこの前、こんな事も書きました。
    →  検索上達した時、の話 (メモ)



「検索が上達したときの話」 の最後と一緒で、

 ----------------------------
 調べたい事だけが的確でも、
 検索スキルがないと、正確な調査は難しいし、

 逆に、

 検索スキルだけがあっても、
 調査ターゲットを絞る技術がないと、
 焦点がぼやけてしまう。
 ----------------------------
調べたい事 = 考え方、思考、  と思って頂ければ。



#これ、翻訳とも似てますよね。


何かすごく 「いいこと」を伝えたくても、英語力がないと伝わらない。
英語力がパーフェクトでも、話の中身がなければつまらない、読まれない、って感じで。



・・・で、最後は
● ツール
2位とはかな~り離れた3位です。

もちろん、使いやすければ、それに越した事はないですよ~♪
公報めくりが速い、とか、とってもありがたいです、うん!

ですが、自分は IPDLでも 「それなり」 に調査できちゃうタイプなので、正直、そこまでツールは重視してないですねぇ・・・。




で、私が最も重視している 「考え方」。
つくばでは 「三方六」 を例題に、説明してみたんですけど・・・


 「何じゃそりゃ」 ってツッコミが聞こえた気がします。
これです、三方六。



北海道は帯広の、有名なバウムクーヘンなのですよ~☆
  # ・・・って、聞かれてなかったですね。



他の講習では
photo credit: Intiaz Rahim via photopin cc

「トイレの人感センサーライト」 で説明した事もありました。


検索時の考え方、
方針、とも言えますが、

次回は、もう少し具体的な例でお話ししましょうか。


って事で 後編に続きます!


2012/03/21 編集
予想外に続いてます・・・


  • 特許調査は事前思考が8割 - その1 / 柳月の三方六   ← この記事。
  • 特許調査は事前思考が8割 - その2 / 出願前調査
  • 特許調査は事前思考が8割 - その3 / 通常の3倍?
  • 特許調査は事前思考が8割 - その4 / 侵害予防調査



  • 別窓で登録フォームが開きます
    連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
    代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
    ●  講習テキストの販売を始めました。
    採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

    0 件のコメント: