ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/06/24

[Tips] 「統計データ」は情報分析のGPS。入手方法は?


Fountain Pen and Spectacles | Flickr - CC

おはようございます、酒井です。

先週ね、
「闇雲(失礼!)に公報読みすぎると、砂漠で遭難みたいになりますよ~。
GPSで現在地確認してから、その街の地図を入手しないと!」

って話を書きました。


今日は、GPS(産業統計系の非特許情報)の探し方。
と言っても、難しい事はないですよ!




一番簡単なのは・・・

Google

[ (製品名) 統計 ]   とか
[ (製品名) 出荷額 統計 ] 
[ (製品名) シェア ] 

みたいなキーワードを打ち込んで探すこと。


ね?簡単ですよね。
うーん、簡単すぎますか?

でも、産業統計ってたまにしか見ない方が多数派。
だから 簡単でいいのです!簡単がいいのです。

探し方が難しいと、一見カッコいい(?)のですが
「いざ」 という時忘れていて、
とっさに使えなかったりしますものね。


もうちょっと、プロっぽい知識を希望される方には


産業統計の王道は、
なんと言っても「経済産業省サイトの”統計”」 です。

http://www.meti.go.jp/statistics/
http://www.meti.go.jp/statistics/

メーカー系の方ですと、
工業統計調査とか、
経済産業省生産動態統計調査、あたりの情報が使えるケースが多いかと。
業種別の統計も掲載されています。

また、出荷額のデータは
商業統計調査 に入っていたりもしますね。



調べ方は、いざ説明すると長くなるのよねぇ。(汗
後日、別記事でアップします。


それでは。
よい1日を。


---------------------------
★ まだ書けていないリスト ★

インド特許の公報種別 (INPADOCの公報種別リスト)
デジタル×アナログで公報を読む
「短気な者・検索を制す」説
計算が苦手な話
検索できそう、で、できないものがあるTips
ネット上での統計データ収集-Google編
ネット上での統計データ収集-経産省編



別窓で登録フォームが開きます

連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebookのフィード購読もお気軽にどうぞ。「お友達」にならなくても大丈夫!(笑) 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: