ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【10月下旬以降】です。(2017/9/25現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/03/28

[雑] 気温減率は-0.65℃/100m


Pollen Balls / Source : Pinterest

酒井です。おはようございます。

朝から息抜き系でごめんなさい。
昨日、何というか感動?した事がありまして! ←感動、って言うのもおかしいですけど。


昨日の夕方、所用がありまして
長野本社(標高1000m)から、諏訪市内(標高770m)まで車で移動したのですけど。

あれはおそらく・・・標高850m付近から




運転してる最中だっていうのに、
突然目がかゆくなり、くしゃみ連発



ついに・・・ついに遅れていた
花粉の季節、諏訪地方に到着!(>_<)


で。
「あーもー!運転しづらいなー」 と思いながら、用事を済ませまして。


夜、1000m地帯に戻りましたら、
目のかゆみも、くしゃみも、何事も無かったように治まりました。(え


ほとんど風がなかったように思うので、
「咲いてる所」と「咲いてない所」の差が、クッキリハッキリしていたんだと思います。きっと。


そういえば 「100m山を登ると気温が・・・」って話があったな、と。 あれですね!

気温を左右する要因 ~ 標高 - 対流圏の空気は温度成層を成しており、通常は標高が高いほど気温が低くなる。この低下率を気温減率といい、海抜0〜2000m付近では標高が100m高くなるごとに平均で0.65°Cずつ気温が低下する。 (Wikipedia「気温」から) 

長野におりますと・・・花粉が山を登ってくるのに続いて、
も登ってくるのですよー。


春ですね~
※花粉だけ、さっさと過ぎ去って欲しいものですわ~。


画像は、昨年の上田城公園の桜でございます。


今日は金曜日。
どうぞ、よい1日を。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: