ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2014/03/03

[メモ] イギリス意匠検索の謎。


William Morris illustration, 1881 / Source : Pinterest

おはようございます、酒井です。

弊社では「たまに行う程度」の意匠検索ですが・・・

先日、機会を頂いたので、
手元情報も順次アップデートしております。


以前、意匠についてブログでアップさせて頂いたのが、こちら。

[意匠] 各国意匠検索サイト、使い勝手&感想まとめ
http://ameblo.jp/sakaimisato/entry-10648338095.html

上記記事は2010年秋なので・・・3年半も経っているのですね。


今回はメモ的に、イギリス意匠の件。


イギリスのデザインといえば、
自分が真っ先にイメージするのはウィリアム・モリス。
英国では「モダン・デザインの父」と言われているとか。。。

「アーツ・アンド・クラフト運動」を興した方で、
日本のプロダクトデザインにも影響を与えた、と言われます。
※ この記事のトップ画像も、ウィリアム・モリスのスケッチから選びました(≧∇≦)


そんな英国ですが・・・・


3年前の記事では、散々な点を進呈したわたくし。

◆イギリス意匠検索  ★☆☆☆☆   (2010年秋のレビューです)
http://www.ipo.gov.uk/types/design/d-os.htm

もうっ、イギリスの意匠検索は!(怒怒怒)

個人的には、★1個。 (いや、ゼロでもよかったかも・・・)


いろんな意味で印象深かった(苦笑)ので、
久しぶりに様子を覗きに行きましたところ・・・ 結果は記事の続きから。




[更新] 2014年3月のレビュー。

◆イギリス意匠検索  ☆☆☆☆☆  (2014.3.3)
http://www.ipo.gov.uk/types/design/d-os.htm

これ、五つ星ではありません。(きっぱり)
まさかの★ゼロ、でございます。

・・・検索画面に到達できないのは、私だけかしらん?

・・・というわけで、
検索画面が表示できない = ★ゼロ、としました。
(ある意味、衝撃の結果・・・!)


上記リンクだけでなく、

英国特許庁のサイトマップとか、
サイト内の検索結果とか、
Designのメニューから辿って、などなど、

考えられる方法を、幾つか試したものの、


下記2メニューしか、利用できないという状況でございました。。

・ 番号検索 (by number)
http://www.ipo.gov.uk/types/design/d-os/d-find/d-find-number.htm

・ 意匠公報 (Journal)
http://www.ipo.gov.uk/d-journal/current/d-dj-current.html


By product (製品名から検索)と、by class (分類検索)、
by proprietor (権利者から検索) がリンク切れです。。


・・・これでは 「ほとんど何も検索できない」 状態ですよね。。(汗


謎が多すぎて、
どこから解明して良いのやら、という状態。
一旦 「自分メモ」 として、アップさせていただきました。


それでは。
今日は桃の節句。
よい一日を。


お問合せはこちら

■ご案内■

0 件のコメント: