ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【5月下旬以降】です。(2017/4/24現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/03/28

[資料] レファレンス調査に役立つウェブサイト / NDL 



酒井です。
レファレンス共同データベース」というサイト、ご存知でしょうか?


レファレンス協同データベースとは、
国立国会図書館(NDL)が全国の図書館等と協同で構築している、
調べ物のためのデータベースです。

図書館の調べ物といえば、
受付カウンターの司書さんに、

「子熊がラッパを吹いている表紙の絵本が見たいのですが」 とか
「「ほしのゆめ」のたんぱく質、アミロースの含有量と食味について書かれた資料はありませんか」 などなど、

持ち込まれる調査依頼は、とても幅広いもの。
図書館員の方の「調べるスキル」は、本当に凄いのです!


そして「レファレンス共同データベース」は、
全国各地の調べ物事例が蓄積される、調べ物/調査過程のデータベース、というわけ。

もちろん、
特許調査とは全く接点のない「調べ物」が、大半を占めるのでしょうが、


図書館員の方が 「使える」「実際に役立った」 サイトをまとめたリンク集が、
先日、アップされておりました。
↓↓
レファレンス調査に役立つウェブサイト
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000018859

少しだけ、記事からの抜粋で。。例えば、こんなサイトが紹介されてます。
コトバンク ☆
http://kotobank.jp/ (2012/03/12確認)

図書・雑誌探索ページ
http://biblioguide.net/ (2013/10/30確認)

日本法令索引 国立国会図書館
http://hourei.ndl.go.jp/ (2012/03/15確認)

電子政府の総合窓口 e-Gov
http://www.e-gov.go.jp/ (2012/03/07確認)

政府統計の総合窓口 e-Stat ☆
http://www.e-stat.go.jp/ (2012/03/07確認)

他にもたくさん!リストアップされてます。
私はページごと、「保存版」にいたしました。


それでは。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: