ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/03/05

[過去記事]古い手書きの公報。これ、検索データはどうなっている?



酒井です。こんにちは。
上の画像は、今朝の原村。本気で雪が降りだしました。。


今日もお陰様で、検索業務も絶好調な感じなのに・・・


追加の肉体労働、雪かきも発生。
朝・昼と2回、雪かきしましたよ~


普段は雪に慣れてない地域なのに、
今年はたたみかけるような降雪ぶり。
なんだか、トラウマになりそう。。(涙


こんな時には、「過去記事発掘」からひとつ。
少し古くて・・・2008-05-07 のアメブロから。

-----------------------------------------
検索をしていて、












久しぶりに、こんな公報に出会いました。
というお話。

手書きでございますね!






・昔の実用新案で、
・手書きで、
・1ページあたり、22字×13行程度で記載

されているもの。

なかなか、達筆な感じの明細書です。

代理人が記載されていないので、
きっと、出願人さんが、
自身で清書されたのでしょうね。

この時代の公報、
テキストデータはありませんし、
あったとしても、
手書き→OCRでテキスト化、なので、
テキスト検索はほとんど期待できません。


今回のこの公報は、FI検索で見つけました。

別のテーマだと、Fターム検索で発見する事もあります。

よく、講習会でお話しするのですが、
FIやFタームの歴史って、ここ20年ほどのものなんですね。

古い公報を、FI、Fタームで検索できるのは、
分類が遡及付与されているからです。

明治、大正時代の公報にも、
かなり(失礼!)的確な分類が付与されているらしく、
IPDLの検索で、
古~い公報がバンバン見つかる事って、よくあるんですよ。

「庁(と関係機関)の方が、
古い公報にも全部目を通しなおして、
きっちり分類を付与してくれたから、
明治時代の公報まで、じゃんじゃん出てくるんだなぁ・・・」

付与完了するまでに、何年かかったことか。
きっと、すごい人海戦術だったのでしょう。

最近、その恩恵にあずかった事が結構あって・・・
頭が下がる思いなのでした。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

最近、手書きの公報が検索にヒットすることがあって、どうしてかな?って思っていたところでした。なるほど、古い公報でもFIやFタームが付与されているんですね。納得です。