ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/03/17

[検索雑記] より良い検索結果を手にするには?(依頼側)


酒井です。おはようございます。

以前 「サーチャーの力量をはかるには?」という記事をアップしました。

これと少し似た感じ?で、時々寄せられる質問。
・より良い調査結果を得るために、調査依頼の時に気をつけると良い点、こんな情報を出すといい、といった事はありますか?


そうですよね。
せっかく調査依頼をするなら「より良い(好ましい)結果」が欲しいですものね。

サーチャーの力量と同じく、
検索者によって意見が分かれるところ、と思いますが、


私の場合は、
情報の使用目的を詳しく教えて頂けるのが、一番ありがたいです。


記事の続きでは、
「調査がうまくいきやすいパターン」と「空中分解するパターン」を書いてみますね。






うまくいきやすい/過去にうまくいったパターン
・技術の細かい所はあまりわからない、購買担当者に技術の違いをわかってもらうための資料に(←目的)、特許情報を使ってみたい

・開発や出願の基礎資料にするために(←目的)、過去の技術要素の組合せを検索可能にしたい

・自社製品○○を問題なく販売するために(←目的)、この特許の無効化調査をしたい

・・・ブログ記事なので、省略し曖昧に書きましたが、
【目的】や【情報の使い方】が決まっている時は、やっぱり方針が立てやすいです。


たとえば・・・1つめの「技術の違いを知ってもらいたい」。


細かい所はわからない人が対象
→ 図やグラフで、一目でわかるように表現した
パテントマップが向いていそうですね。

購買担当者がターゲット
→ 技術的優位性だけでなく、
安定供給できる点や、
故障が発生しない点なども示せると良いのかも?
特許図面で、何か裏付けになる事は言えそうですか?


と言った具合に、

情報の使用目的が明確であるほど、
知恵を出しやすいケースが多いのですよね。


逆に・・・
申し訳ないけど、私が預かると”イマイチ”になりがちなのは、こんな感じ?
※ 他のサーチャーの方なら、これ大丈夫かもしれません。あくまでも「酒井の苦手」です~
・ 今回 「電源回路」について技術開発しました。当面の主用途は携帯サイズの小型機器なんですけど、電源ってどんな電気製品にもついてますよね?
この技術も、携帯機器だけでなく、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの白物家電。また、家庭用電源を使う電気自動車など、幅広く使えるんです。

ですので、家庭用電源に接続可能な製品の電源、全部調べて下さい。(にっこり)

あああ~。こういうのは私、苦手!

【興味】は存在するけど、業務上の【目的】がはっきりしない系、とでも言うのでしょうか。
私、これ、検索式作れないかも?


もし、式を作ったとしても
ものすごく 「ぼんやり」 した感じの式になりそうですね。。

分類をほわ~ん、と入力して、
キーワードも全文で 「電源」とか「コンセント」とか入れて、
トータル5万件、みたいな?


あと、検索式の妥当性がチェックしにくいので、
検索式が定まらないというか、
自信をもってお渡しできない、そんな感じです。



まとめますと、
・使用目的&情報の使い方、がはっきりした調査は得意!一見「そんなのできるの?」って調査でも、目的がはっきりしていれば、頑張って案を考えます。

・逆に「なんとなく知りたい」とかは苦手。使用状況がイメージできないと、妥当な検索式をお渡しする事ができないので。。。(←これは、酒井の場合です)

という事になるでしょうか。
何かのご参考になりましたら。


それでは
よい1日を。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: