ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/10/05

アメリカ人の「包袋早読み術」に目からウロコ、の巻。



こんにちは、酒井です。


アメリカのサーチャーの方が、

Public Pairからの包袋入手をスムーズにする方法」

を書かれていたのを、目にしました。

(→ 元記事はこちら。2014年の記事です。



向こうの方は、
どんな風に効率化されているのかな?
と思ったら・・・?


(折り畳みます)




Public Pairで、番号検索をして、
包袋のタブ (Image File Wrapper) まで進みます。


そうしたら・・・

下記のようなキーワードで、ハイライトをつける、とのこと。
(ブラウザの検索機能を使います)

 These keywords are “claim” (for claims and the final index of claims), “amend” (for amendments and arguments), “reject” (for examiner rejection), “allow” (for notice of allowance and the associated examiner feedback), “interview” (for outcome and information pertaining to an interview between the examiner and the applicant), “disclaim” (for a terminal disclaimer, because an applicant might argue claim scope), and “action” (in case an office action was missed through searching for “reject”). 
(囲みの中は、元記事からの引用です)



"claim" と検索し、
ハイライトがついた箇所を見ながら、
右側にチェックを入れます。




同じように "amend" でも。




他の単語も、同様にチェックマークをつけてから
ダウンロードをすると、

重要な項目のチェック漏れがなく、
それでいて、効率的に書類取得ができる、とのこと。

US7654321 の例では、
チェックがついた項目は、
全項目の約20%だったそうです。



私自身は、なんとなく「全項目ダウンロード」してしまう事が多く、

上記のような方法で、
思い切ってポイントを絞るのは、目からウロコ!でした。




自分では、
こんなに絞ってしまうのは、
一瞬、怖い気もしたのですが


一方で
経過情報の検討の時、
"Issue Fee Payment"の書面なんて、
あまり見ていないのも事実・・・ (^^;


それに、
PAIRって、いつでもダウンロード自由ですので、
「あれっ?」 と思った時点で、
書面の追加入手をしても、構わないのですよね。。




そう思うと、

・重要な単語をピックアップし、

・ハイライト機能を利用する事で、
 ポイントになる書面のチェック漏れを防ぐ この方法って、

「アリ」 なのかもしれません♪ (^^)







調査のお問合せはこちらからどうぞ



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

お待たせしました!|特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: