ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【4月初旬以降】です。(2017/3/8現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/3/1現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 4月の出没予報   → 5月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/02/17

[Tool] Law Firmの得意分野も一目瞭然?米国特許訴訟の統計ツール。



米国特許訴訟関連で、LawFirm/Attorneyごとの扱い分野等を集計できるツール、を見かけたので、メモしておきます。

従来から当事者系レビューや提訴情報の速報を出していたPatexiaに
最近追加された機能です。



https://www.patexia.com/ip-research/lawfirms


統計機能には
事務所が扱った年別の件数集計と、
原告か/被告か、といった種別毎の統計、
訴訟に関係した特許のIPC統計、が用意されています。



たとえば、LawFirm × IPC の円グラフ。
下図では2事務所分を並べてみました。



Norton Rose Fulbright(左) は 電気通信系(G06F他)案件の扱いが多く、
McCarter & English(右) は、医療関連(A61K)の比率が高い、と
得意分野の違いが表現されるように思います。



以下、記事中ではLawFirmメニューの例で紹介いたしますが、
他のメニューでも、使い方はほぼ同様です。
※記事を折りたたみます。



https://www.patexia.com/ip-research/lawfirms

[はじめに]
訴訟件数の表示などは、そのまま閲覧できる情報もありますが、
詳細機能利用にはログインを要求されます。(2017.02時点)
IDは無料で取得できます。


検索可能メニューです。(下図)




どのメニューも使い方はほぼ同様で、
シンプルに検索するだけ、ではありますが、少しだけコツを書いてみますと・・・



LawFirmの場合だけは、
Type欄の原告/被告、年、を変えると、
検索結果が変わるのです。

すなわち「この事務所!」と思って検索をしても、
選択条件によっては、Number of Casesがゼロになる可能性があります。
(上図参照)


・・・そうなのですが、
ゼロ件になっていても、事務所名をクリックすると、
ちゃんと、該当事務所のページに到達できます
なので、ゼロ件と表示されても気にする必要なしです。



以下、表示できる情報を列挙します。

・所属するAttorneyと、各人が2005年以降に扱った訴訟件数



・事務所全体での訴訟件数(グラフの下にリストも有)



・事務所全体でのPTAB統計(+リスト)



・特許出願統計 (+リスト)



・原告/被告の割合、及び訴訟に関連した特許のIPC統計



・・・といった内容になっています。
(なお、IPC統計でSliceとなっているのは、Design Patentの様子)



また訴訟/PTAB関連のリスト、
初期表示は「事件単位(Cases)」になっていますが



Patents表示に切替えると、対象特許番号がリスト表示されるので、わかりやすいかと。


この番号表示、LawFirmのメニューでも便利ですが、
むしろ、企業単位の検索で役に立ちそうだなぁ・・・って気がします。




------------------------------------------------------
[お知らせ]
弊社では現在、3月中旬納期以降の特許調査をお預かり可能です。
調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: