ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/09/04

[検索コラム][JP] Fターム応用編~解説書は大事です!(スライド)[過去記事]


↑八ヶ岳・白駒池そばの「苔の森」でパチリ。

※こちらは旧・アメーバブログの過去記事です。

2010-12-16 13:15:46

[JP] Fターム応用編~解説書は大事です!(スライド)



昨日・一昨日と、大阪で講習会でした。
(日本パテントデータサービスの「プロ技」講座です。)

今回の講習で、とても良い質問が出ました。

「Fタームリストに書かれている、
 FI範囲と、観点との検索結果(件数)
合わないんですが・・・なぜ?」


この質問の答えは、どちらかというと「応用編」です。

「Fタームって、聞いた事はあるけど、
あまり使った事ないなぁ・・・。」 
という方は、ごめんなさい。
正直 「ちんぷんかんぷん」 な話かも・・・しれません。(ごにょごにょ)

逆に、
「実務でFターム、使ってるよ。」という方には、
きっと、お役に立てて頂けるはず!! nipa*

さてさて、どうして件数が合わなかったのか。

今日は文章での説明は少なく「スライド風」でいってみます。
全部で7枚です。
























えっと・・・2H011、確認してみます。























あーーー、確かに!

























230件中、70件合わない。って事ですね。
これって、結構高確率かも・・・

どうしてこうなったか、のヒントは























解説書でいうと、「一番下の方」にあります。

図として入っていたのは、























要するに、
G03B 3/00 A,B あたりから、EAに合流してくる文献がある、
ってことですよね。


では、本当にそれで件数が増えたんでしょうか
データベースで確認します。

あーーー、本当だ! ・・・でも?




こうなると、残りの9件も突き止めたい!ってものですよね。(サーチャー魂?)

この9件は・・・





















近くの分類から来てました。

ただ、残念ながら、
解説書上には、明確な説明は見当たりませんでした・・・sippai;*

類似分野なので、つい親切心で付与したくなったとか、
内部の方しか知り得ない、何かがあるのかも・・・と思いますが。


と、いうことで、
100%、パーフェクトな究明には至りませんでしたが、
差分の多くは、解説書を読むことで原因がわかりました。

他のテーマコードでも、
似たような場面、山ほどあります!(力説)

普段からFタームを使われている方、
検索を極めたい方は、
解説書の解読、必携です。キラッ

一緒に頑張ってまいりましょう~★



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: