ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/09/26

[つぶやき]「件数が絞れない」ということは?


Lake Minnetonka / Source : Pinterest


酒井です。 

今日は長野勤務。寒いですよー。
長袖カーディガン羽織っております。


さてさて。

「検索してみたけど、件数が全然絞れなくて、見る気にもなれません。」
「でも、AND演算を追加すると、一挙に件数が減ってしまうし。。」

・・・電気・機械系だと、よくあるパターンかもしれません。


ひとりで検索してる時だと、
「もうだめだ~」 と、諦めてしまっている方もいるかも?


この場面の前半、 「件数が絞れない」 ことについて、
ちょっとつぶやいてみます。



件数が絞れない、って状態は

先行資料を探そう、とか、
公報を読もうとされてる方にとっては

「うっわ!こんなにたくさん読めない」って状態でもあります。


が、
それに加えて、


「今、データベースに入力してある内容って、 (←キーワードとか分類とか)
 全然、新しくないって事じゃない??」

って事を、件数が教えてくれてるのかもしれません。


検索で1000件ヒットしている、ということは、
個々の公報の内容はともかくとしても、
同じような分類・キーワードを含む出願が、最低1000件ある、ということなので。


この話、最近の講習会では
「デジタルカメラの歴史」 という例で、説明させて頂いてます。


1990年代後半だと、
「デジカメ」そのものが珍しかったので、

電子×カメラ、みたいな検索でも、そこそこ絞り込みができたと思うんです。


2000年代前半は、デジカメが普及してきて、

特許検索でも、電子×カメラ みたいな検索では絞れない。
デジカメ×手ぶれ、とか、
電子×カメラ×小型携帯機器、のような絞り込みが始まる時期。


今だと、手ぶれ補正も、スマホのカメラ機能も当たり前なので、

デジカメ × スマホ × SNS投稿 とか、
デジカメ × Wi-Fi ×ネットワーク共有、 みたいなのが、新しいのかな??


例え話が冗長になってしまいましたが・・・
まとめると、
 
当たり前になった技術は、特許検索でもたくさんヒットする。
逆に、たくさんヒットする技術は、「多くの人が考えている可能性が高い物・事」

・・・って感じになるでしょうか。



「でも、キーワードを追加すると、一挙に件数が減っちゃうんですよねー?」


そちらに対処するTIPsは、また次の機会に♪

それでは。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: