ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/09/24

[つぶやき] ・・・悪い検索式?


pig by Herend / Source : Pinterest

こんにちは、酒井です。


このごろ、講習会の打合せの中で、

「悪い検索式の例、べからず集みたいなのをお願いします。」

というリクエストを、続けて頂きました。


悪い検索式って・・・・どんな検索条件なんでしょうか。

まず、絶対的な 「いい」 「わるい」 があるのかどうか?
つらつら・・・ と考えてみるに、

(おおっと。長くなりそうなので、畳みます。)



絶対的に良い / 絶対的に悪い、という検索式って、
案外少ないんじゃないかな? って思ったんです。

良いとか悪い、と言われるのは、

調査の目的・やりたい事に対しての、良い/悪いなんじゃないでしょうか。


たとえば・・・


「キーワード検索で、同義語・類義語を考慮できていない」 
というのは、一般的には 「悪い方」 にカウントされるのでしょうが、


たくさん特許がありそう、とわかっていて、
ほんの数件、サンプル的に特許を見たいだけ、という目的なら、
決して悪い事ではないですよね。

・・・広く漏れなく検索する目的だと、怒られちゃいますけど。


また、別の例で。

「分類があるのは知ってるけど、使わない」
と言ったら、手抜きとか言われそう? ですけれども、

用途探索の目的で、特許資料を眺めるなら

分類を使う、という事は
「一定の分野」 というバイアスをかける可能性が高いので、
用途探索 = 分類を使わないという検索方法も大いにアリ、です。


一方、出願前調査などの目的で、分類有効!って分野だと

「あら~、どうして使わないの?分類使えばめっちゃ簡単なのに?」
みたいな話に、変わってしまいます。



もう少し進めて考えると・・・

仕事で調査をする時、その都度、目的や場面が違うのに、
ついつい、同じような検索条件になってしまう、 という方は、
知らず知らずのうちに 「目的に合わない検索」 をしているケースがあるのかも。

「式が悪い」というよりは、調査効率が良くないかもしれません。



予告通り、単なる 「つぶやき」 になっちゃいましたが(汗)

検索にも「絶対」はない、ってことですよね~






別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: