ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年6月度の調査受付中。最短納期6月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表

2018/07/11

[無効化03] 無効資料調査の特徴



こんにちは!サーチャーの酒井です。

こちらの記事は「無効資料調査」のワンポイントです。


無効資料調査を 他の調査種別と比較した際の特徴


「無効資料調査のためのサーチ」には、
他の調査種別にはない特徴が、いくつかあります。

1)調査に成功した場合「検索漏れ」は殆ど問題にならない


無効資料調査においては
短時間で、ズバリ公知例を発見できたら・・・



ほとんどのケースで「大成功」と言ってよいかと思います。

そして、調査に成功した場合
「で、半日で何件見たの?他にはないの?検索漏れは???
と聞かれる事は、あまりないはずです。
(もちろん、状況や人によるとは思いますが)


資料が見つかった場合は、
網羅性(漏れが少ない)は、問題にされない、というのは
無効資料調査がもつ特徴のひとつ、と言えそうです。


※折り畳みます。



2)サーチに時間軸がある。何度も検索を繰り返す。

侵害予防調査は、
最初に検索条件を検討・設計して、
「この集合を見る」と決めたら、ひたすら公報査読をする。
というフローになる事が多くて、

「検索」と「公報を読む」がハッキリ分かれます。


一方、無効資料調査の場合は

[サーチ]心当たりを検索する
→ 見つからない or 部分的な記載を発見
→→ [サーチ]他の条件で探す
→→→ 他の公報を発見。
→→→→ 何が足りないのか考える
→→→→→ [サーチ]更に、別の条件で探す

というフローになります。

検索する→公報読んで→考える→検索する→・・・

を 延々と繰り返す感じです。



3)調査経過に伴い、方針の変化が大きい


前項のように、
検索と公報読みの繰り返しで作業が進む、無効資料調査。

何にでも言えることですが
闇雲にふらふらと調査するよりは、
「今はこれをやっている」と
意識的、かつ計画的にサーチを行った方が、
成果の出る可能性はアップします。


自分の場合は、4段階

1)ここにありそう!といった
経験に基づく勘、で動く。

2)説得力のある資料、を狙って
対象特許の属する技術分野を探す。

3)隣接分野で使えるものはないか?

4)可能性のある分野を調べ尽くす。

に分けて考えるようにしています。


やはり・・・
資料に説得力がないよりは、
説得力があった方が、
対特許庁の手続きでも、交渉ごとでも
断然使えますものね!




---------------------------------
私どもは、どの観点(調査ポイント)が重要か、
どのように資料を組み立てるとより説得力があるか、という論理構成と、
調査の方向性がわかりやすい報告書作成を重視しています。

無効資料調査のお問合せはこちらから
酒井美里Design/ 担当確約」もどうぞ。

---------------------------------
無効資料調査のセミナーは7/19開催です。
直接受講は東京。
テレビ受講は大阪、名古屋、福岡で可能です。

こちらもご検討ください。



「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

ただいま 7月下旬以降 のご報告予定分をお受けしています(2018/07/06現在)
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
お電話 0266-79-6709 で。
酒井美里Design/ 担当確約」もどうぞ。

7月の出張予定 | 8月の出張予定 打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: