ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2018/11/09

[侵害予防] 判断の基礎と検索設計の注意点 (2)



こんにちは!サーチャーの酒井美里です。
少し間が開きましたが
こちらの記事 の続きです。

前回の記事では このような↓トピックを取り上げました。

・権利範囲=特許請求の範囲
・侵害判断の基礎(オールエレメントルール)
・構成要件の少ない特許 ≓ 権利が広い?
・ポッキーは誕生して50年。特許の権利期間は最大20年。さて、基本特許は?


続いてのこの記事は
「検索をする際の基本的な注意点」です。

まずは・・・「特許の探しかたの基本から。



何もないところからアイデアを探す、といった調査を覗いては
「既知の情報からスタート」が基本です。

※少し長くなりますので、折り畳みます。
※記事の続きには「調査精度を上げる基本」が出てきます。




次に。
特許はGoogleやYahoo!で探しても、なかなかうまく出てきません。
(偶然見つかる場合もあるのですが、これは運が良かったパターン)

「特許を探す用」のサイトを使うとよいですよ!



J-PlatPat https://www.j-platpat.inpit.go.jp/  や
Google Patents  https://patents.google.com/
Espacenet https://worldwide.espacenet.com/
などが「特許を探す用サイト」の代表格です。


J-PlatPatの例で、
「一番簡単な探し方」です。


上記例では、3件のヒット(該当)がありました。


しかし・・・
これだけで十分な調査か?他に関連特許はないか? というと?


答えは「NO」です。
他の表現を考慮すると良いですね!


そしてこれは・・・前回の記事と大いに関連するのですが、

請求の範囲で「プレッツェル」という表現を使った場合、
権利の及ぶ範囲は「プレッツェル」に限定されるのですが、

請求の範囲を「焼き菓子」で表現すると
権利の及ぶ範囲は、焼き菓子の仲間・・・ビスケットやクッキー、
パン菓子などにも広がります。

「プレッツェル」に対して「焼き菓子」を「上位概念」と呼んだりもするのですが、
一般的に、請求範囲を「上位概念」で表現すると、
広い権利に繋がりやすいので、
特許出願をする人(企業)は皆、表現をとても工夫します。

・・・ということは?



各人、各企業が「より広い権利」「より強い権利」を取得したい、と
工夫することによって「出願人による表現の差異」や
「一般の文章ではあまり見られない、特許特有の記載方法」がたくさんあります。


調査精度を高めたい!幅広く調査したい! という場合
検索に使うキーワードも、バリエーションを増やすと良いです。



次の「侵害予防調査」の講座は11/15・東京です。
それでは!



こちらも併せてどうぞ!
前回の記事[侵害予防] 判断の基礎と検索設計の注意点 (1)




■ご案内■

0 件のコメント: