ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/05/27

同じ公開番号が~235件もあるの~るるる~♪/インド公報・寄り道の巻き



酒井です。プチ連載続いてます。
・・・というか
脱線しすぎて「プチ」じゃなくなってるかも。。あははは。


今日の記事は「インドの公報」についてです。
公報発行形態を把握されてる皆様には、知ってる事ばかりかと。
バックオーライ!でどうぞ。


これまでの関連記事
---------------------------
[Q&A]インド特許の年間出願規模、登録件数は?

Espacenetでのインド特許収録状況を覗いてみる~Coverage編
商用データベース派も注目を。EspacenetのCoverage(収録状況)
Espacenetでインド特許の件数を調べる ~ 検索編(1)



さて。前回は、ひとまずEspacenetで検索してみたものの・・・

公報種別は (A1) ってなっとるけど・・・?
これって公開なの?登録なの?

ってところまできました。


で。
衝撃画像。

これ、インド特許庁DBで検索したとこ、なんですけど・・・

同じPublication No. (51/2010) が、235件表示されるんですよねぇー。



が。
インド特許、これが「普通の状態」なのでございます。
決して適当・・・(略 って事ではありません。

種明かしは記事の続きから☆



ええと。

上記画像では Publication No. と表示されているもの。
これ、
正確には公報番号ではありません。


Journal No. っていいます。


200件前後の公報が、
カタログみたい?な感じで公開されまして、


カタログ1冊分、の番号にあたるのがJournal No.
上記だと、1冊のジャーナルに235件の公報が掲載されている、という仕組みになります。



「えっと・・・じゃあ、1件毎の公開番号は?」


これ、私もずっと疑問だったんですけど、
1件毎、個別の公開番号って、存在しないみたいです。


Journalの掲載イメージを見ますと、

※ 画像はクリックで拡大します。


Publication Date と一緒に、
Journal No. は掲載されているのですけど、

個別の公開番号(Publication No.) っていうのは、
存在しないようなんです。


で。
前回の話。

Espacenetに載ってるのは公開?登録? と書きましたが、


あれは、6桁の個別番号がついていたので、
(A1)だけど 「登録」 と判定します。

INPADOC系の公報種別リストだと (A1)はPatent ってなってるんですよ~



次は、再びEspacenetに戻れそう・・・?




---------------------------
★ まだ書けていないリスト ★

インド特許の公報種別 (INPADOCの公報種別リスト)
インド特許庁で「20XX年に公開」を調べる
「姿勢」の後日談
デジタル×アナログで公報を読む
黒曜石の指環


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: