ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2018/11/14

[PIFC2018] いつになる? Espacenetの改善。



おはようございます。サーチャーの酒井美里です。

特許情報フェア&カンファレンスの
「カンファレンス」ダイジェスト。
今日は 欧州特許庁(EPO)のEspacenet。
https://worldwide.espacenet.com/

Espacenetは、今年2018年が「誕生20周年」(→過去記事)でもあり、
インタフェースの改善やアップデートを予定している、と
以前からアナウンスがされていました。

ですが。
これは、あくまでも「勘」なのですが、
「あまり作業が順調ではないのかな?」
「それとも、クリスマス休暇時期にアップデートする?」
何となく、前者のような気もする今年の状況です。

なぜなら、今回の発表資料、


「なんだか!ものすごく!見覚えがある!!」


記憶と記録を遡ったところ、
確かに、今年(2018)の9月初旬。



CEPIUG総会で、全く同じ説明がありました。

年内リリース、と言ってはいるけれど、
全く新情報が追加されていないのが、ちょっと気になります。

予定では、検索式の入力や、結果表示の刷新など、
Espacenetのかなりの部分が変わりそうなのですが。



以前、CPCが話題になりまくった時、
EspacenetのデータがCPCに完全移行したのは12月20日だった(→過去記事
という実例もあり、

今年も、もう11月中旬ですから、
「新生Espacenetも、結構年末近くなってからローンチかなあ?」
という予感もしてきますが。。。


最新のEPOのツイートによれば (→関連記事
11月中にはベータ版が公開になりそう、でもあります。


ヤキモキはするものの、
やっぱりEspacenetの改善、サーチャーとして楽しみです!!!


次はUSPTO、米国特許庁の予定です。



Espacenet関連記事、こちらもどうぞ。
■ お役立ちメモ:国コード+EspacenetとPATENTSCOPEの収録比較・2018秋
■ Espacenetの新機能「発明者/出願人の居住国」検索






■ご案内■

0 件のコメント: