ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度10月11月12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付は10/1より開始します。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
10月以降の納入分より、消費税率を10%に改定させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2018/11/14

[CN] 2018年現在 入手可能な中国特許情報の範囲(EPOPIC2018)




昨日の記事で、欧州特許庁のカンファレンス、
EPOPICのツイートを紹介いたしました。

2018年現在、入手可能な中国特許情報の範囲 に関するものです。




こちらの表を、
鮮明に読めるよう、データ化しました。



CNIPAの英語データは、中国語データから1週遅れ
毎週火曜日、金曜日にアップロードされている」

年金支払情報は1985年以降分が、英語で公開されている」

といった事がわかります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
※上記の表は、GoogleドキュメントのOCR機能を利用して作成しました。
作成手順はこちらにアップします。(11/15公開予定)
※紙資料のスキャンなど、用途が広そうです。


ツイートに関連するサイト

Espacenet
https://worldwide.espacenet.com/

CNIPA(旧称:SIPO)「专利検索」
http://www.pss-system.gov.cn/sipopublicsearch/portal/app/home/declare.jsp

中国特許庁審判部(中国語「专利复审委员会」)
http://www.sipo-reexam.gov.cn/


中国特許関連の過去記事です。

中国経過情報の「携帯電話認証」って・・な話。(CNIPA)
[雑記的Q&A]日本でのIPC、中国特許調査に使える?使えない?
[EP] 商用DBユーザーも押さえておきたい「アジア特許情報の現状」
中国特許和文抄録:特許電子図書館(IPDL) アップデートからの「収録範囲にご用心」
特許庁の技術動向調査に「中国特化型テーマ」登場


それでは!





■ご案内■

0 件のコメント: