ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/02/14

本検索1~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌12


photo credit: tomo908us via photopin cc
体系的検索コース の レジュメです。

[初~中級] の 2日目。
試し検索の結果確認のあたり、です。

レジュメにすると簡単そう?になっちゃうんだけど、
このあたりは、「勘」のウェイトが大きいかなぁ。
講座では、脱線と辛口の嵐が吹き荒れる予感…!(え?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●試し検索の結果から FI記号特定
・FI記号を特定する際には、IPDLのパテントマップガイダンスで確認する。
→ 対応関係の確認。分類構造の確認。

●試し検索の結果が合わない
結果が合わない=「予想・仮説」 と 「検索結果のズレ」
方向修正の方法。傾向と対策。
パターンA 全くヒットしない
パターンB ヒットしているが、ノイズが多い

●なぜ、分類特定に「IPDLの分類キーワード検索」を使わないか
・キーワードが分類定義に対して一字一句一致しないとヒットしない。
→ 分類定義と検索者の認知とのズレ。検索エンジンの特性。
→例) コンピュータ、コンピュ-タ(全角マイナス)、コンピュ-タ(半角ハイフン)

●FI記号から、Fターム特定
そのFI記号でいいと思ったら、対応するFタームのテーマを見る。

Fタームの種類と使い方を見きわめる
Fタームが使える状態なら、Fm型、Fs型、ハイブリッドかを見極める。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きます★

→次のレジュメ : 本検索2~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌13




初級~中級 シリーズ 内容公開 一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: