ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/02/22

検索パターン6~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌19


photo credit: L. Marie via photopin cc

体系的検索コース の レジュメです。

調査ポイントの各論つづき。

「網羅・徹底系」 のうち、この記事は侵害予防調査です。

前回のレジュメでも触れましたが、
「網羅・徹底系」 は、中~上級コースでの扱いがメインです。

こちらの 初~中級では、
「他の調査種別と比べると、こんな特徴がありますよ~」
という感じ。 ポイントの比較説明を中心に扱います。


では、続きからどうぞ~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
侵害予防調査(パテントクリアランス)

◆目的 / 他社の権利を踏まないため

調査前に大切なのは 「ヒアリング」
現在・過去・未来 と確認する。 (←順番は入れ替わってもいい)

・現在地 = 技術的ポイント
・過去 = これまでの経緯
・未来 = 量産・販売予定や事業計画

◆ 過去の経緯

→その製品を何年前から販売しているか?
一定期間販売していて特に問題がなかった、とすれば?

◆ 今後の計画

→事業計画的に何年くらい販売していきたいか?
例1 と 例2 を、比較してみる。

例1) 接着剤 (産業用・民生用)


photo credit: ryan_fung via photopin cc

長期間、主力製品として販売していきたい製品。
理論的には、無限に売れる。(5年間で累計3億個出荷!とか)

→長く売れるほど、何かの形で叩かれるリスクもある。
→侵害予防調査は手厚くできるのが理想。(但し現実とのマッチングを。)
→ 販売後に登録となる特許が出てくる可能性もあり。ウオッチング大切。


例2)携帯電話の向けのデバイス部材


photo credit: jurvetson via photopin cc
たくさんの機種があり、半年くらいでモデルチェンジする。

→販売数量に上限あり・販売期間が短い。
   (該当機種の販売予定が半年で、生産予定数量が50万台、とか)
→巨大な調査範囲は組まないケースも多い。
  (過去に販売・調査の実績がなければ別!)


◆リスクの可視化とポートフォリオ

→どんな状況で自社製品が権利を侵害している、と言われるか。

状況は1つではないはず。
可能性の高い順に、複数のリスクを予測する。

[重要]
ヒトもデータベースも「適切な答え」を得るには
具体的な可視化が大切。

→無効材料調査との違い

「ここを調べる」 と決めたら、全部見ること。
ショートカット、ヘリでの着地は「ない」。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

網羅・徹底系の調査は、
「調査テーマの把握」「テーマの可視化」 で、
答えが決まるイメージを持ってます。

検索式は、
たぶん「可視化したイメージ通り」にしか作れないので・・・。

データベースに向かう前に、
結果の8割は方向付けられている、って気がします。

もうちょっと続きます。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: