ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/02/14

本検索2~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌13

 

体系的検索コース の レジュメ、もうひとつアップします。

[初~中級] の 2日目。本検索の続き。
分類を選ぶところ。

ここは…「試し検索の軌道修正」よりは、ロジカルに説明できる。
ただ、例外事項がやたらめったら多いのですよー。

初級中級編では、基本的な線を説明するので精一杯かな。

上級編日程のどこかで「例外の見極め方」の説明します。
例外があり過ぎるので、
参加者の方から分野を教えて頂いて、個別対応になると思う…!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
分類選択〜FI記号か、Fタームか。いずれかを選ぶ (基本編)
・Fタームが使えない場合がある。技術領域によって分類表がない場合がある。
・Fタームは絞り込みしやすい。Fタームにめぼしいものがあれば利用する。
・Fタームで検索する場合、Fタームだけで検索できるか考える。
・Fタームで絞り込めなかったら、キーワードとAND演算してもよい。
・FI記号の場合もFタームの場合と基本的には同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
基本編はこれだけなのにねぇ。(汗)
…なんで、実戦だと複雑化するんだろ。


昨日は特許事務所さま、今日は企業さまで、
2日連続「分類の個別対処」の解説をさせて頂くのです。
#珍しいことに、偶然2日続いたなりよ。

それぞれ受講者様が、よく利用される分野で、
資料を準備してみたところ…

同じ「Fm型のFターム」でも、
コツや注意事項が、分野で全然違うんですよ。
笑っちゃうくらい。。

「キーワードを使わないのがベスト」って出たり、
「近接演算のキーワードおすすめ★」って出たり。

一番すごかったのは、
これは、FIテーマだったんですけど
「業界情報に注意をはらい、日々これ研鑽!ってつもりで
同義語・類義語を頭に入れなさい。」
ってアドバイス?があって…

もはや、検索の注意点というより
「生活指導」って雰囲気ですわ。(爆)

いやでも「基本あっての応用範囲」ですので。
基本のロジック、しっかりおさえていきましょう。

続きます★

→次のレジュメ : 検索パターン1~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌14




初級~中級 シリーズ 内容公開 一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: