ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/02/14

本検索2~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌13

昼休みに、梅の花を見かけました!

場所は、赤坂の山王日枝神社。もうすぐ春ですね〜。

体系的検索コース の レジュメ、もうひとつアップします。

[初~中級] の 2日目。本検索の続き。
分類を選ぶところ。

ここは…「試し検索の軌道修正」よりは、ロジカルに説明できる。
ただ、例外事項がやたらめったら多いのですよー。

初級中級編では、基本的な線を説明するので精一杯かな。

上級編日程のどこかで「例外の見極め方」の説明します。
例外があり過ぎるので、
参加者の方から分野を教えて頂いて、個別対応になると思う…!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
分類選択〜FI記号か、Fタームか。いずれかを選ぶ (基本編)
・Fタームが使えない場合がある。技術領域によって分類表がない場合がある。
・Fタームは絞り込みしやすい。Fタームにめぼしいものがあれば利用する。
・Fタームで検索する場合、Fタームだけで検索できるか考える。
・Fタームで絞り込めなかったら、キーワードとAND演算してもよい。
・FI記号の場合もFタームの場合と基本的には同じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
基本編はこれだけなのにねぇ。(汗)
…なんで、実戦だと複雑化するんだろ。


昨日は特許事務所さま、今日は企業さまで、
2日連続「分類の個別対処」の解説をさせて頂くのです。
#珍しいことに、偶然2日続いたなりよ。

それぞれ受講者様が、よく利用される分野で、
資料を準備してみたところ…

同じ「Fm型のFターム」でも、
コツや注意事項が、分野で全然違うんですよ。
笑っちゃうくらい。。

「キーワードを使わないのがベスト」って出たり、
「近接演算のキーワードおすすめ★」って出たり。

一番すごかったのは、
これは、FIテーマだったんですけど
「業界情報に注意をはらい、日々これ研鑽!ってつもりで
同義語・類義語を頭に入れなさい。」
ってアドバイス?があって…

もはや、検索の注意点というより
「生活指導」って雰囲気ですわ。(爆)

いやでも「基本あっての応用範囲」ですので。
基本のロジック、しっかりおさえていきましょう。

続きます★

→次のレジュメ : 検索パターン1~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌14



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: