ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年10月度の調査受付中。最短納期10月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/02/27

[Tips] 数値範囲を検索する (Google)


photo credit: giovanni_novara via photopin cc


仕事場に 「情報の科学と技術 2013. 3号」 が配達されました。

昨年秋の、シンポジウムの特集号ですね!


開催報告の中、目が留まったのが、こちら。

「プロダクトレビュー」 で紹介されていた図、
テキスト中の数値範囲検索、です。

   ↑クリックで、かなり拡大します。

# 誌面では102頁、化学情報協会さまの、
   STN、CNFULL(中国特許の全文データベース)等の
   機能紹介の一部として、記載されております。

   CNFULLを含めて、数値範囲検索のできるファイルが、
   15以上あるそうです。

この機能、とても興味深くて、
S 10-30C/TEMP  と検索すると
      # これ、10℃~30℃、の意味と思われます

20℃とか、0~50℃とか、
また、単位変換して
68F なども、検索してくれるようなんですね。


なんか、いいなぁ・・・ (←心の叫び??)


ここまで高性能ではありませんが、
Googleにも、数値範囲検索の機能があります
#  Googleだと、単位変換はできませんがね。。

Googleで有効、ってことは、
この機能、米国特許データにも有効なんですよね。。ふふふ (謎)

以前、ブログに書いたような気がしなくもないですが、
空気を読まずに投稿しますっ。


記事の続きからどうぞ。


GooglePatents、現在は単独では存在してなくて、
Googleの機能の一部として、組み込まれています。

特許だけを検索したい場合、URLは
https://www.google.com/?tbm=pts
となります。


数値範囲検索の方法は、
通常?のGoogleでも、特許だけを狙う時でも同じ。

「30..50」 の要領で、2つの数字の間にピリオド2つ挟みます。

特許を対象に検索するのでしたら、
数字に続けて「単位」を入力しておくのもオススメです。


ヒットした情報を見ますと。。40 degree とか


32 degreeなんていう、中途半端?な数字もヒットします。




あと、以下は完全にワタシの妄想なんですけど・・・

EPOって、Googleと協力関係というか、仲が良さそうなんですよね。
Espacenet内の翻訳エンジンは、Googleとの共同開発だと聞きます。


先々、EPOがGoogleに特許データを提供するとか、
逆に、Espacenetのエンジン開発にGoogleが協力するとかしたら、

世界中の特許データを対象に、
数値範囲検索ができるようになるんじゃないかな~?

なーんてね。
妄想、失礼しましたー。

アデュー



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

初めまして
いつもブログやメルマガを拝読させてもらっています。
為になる記事が多くて、仕事に役立ています。

今回の数値検索は、特許の検索だけじゃなく、趣味の分野にも応用が利くとても便利な検索方法ですね。
長くGoogleを使っているのに、こんな検索方法があるなんて知りませんでした。
教えて下さってありがとうございます。

これからもブログとメルマガを楽しみにしています。

Smartworks さんのコメント...

コメントありがとうございます。

そう!そうなんです!←興奮ぎみ?
Google側の基本機能なので、
いろんな「数字」に応用できるんですよねー

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!(⌒∇⌒)