ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/02/06

分類基礎2~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌06



photo credit: autan via photopin cc


体系的検索コース の レジュメです。

分類基礎、と言いながら半分くらい 「キーワード」の話題なり。

では、続きから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「キーワード検索」と「分類検索」

キーワード検索の基本特性

・検索者が入力したもの対してのみ結果が返ってくる。
例)「眼鏡、めがね、メガネ」と指定しないと、
特許検索エンジンは「眼鏡」に関するデータをすべて拾うことはできない。
  ※ 辞書を搭載しているシステムは、ちょっと違いますが。

Googleは「めがね」だけ指定すれば拾ってくれる。

 キーワードの長さ /漏れと絞り込み
例1)
  長いキーワード→ノイズ少、漏れ多
  短いキーワード→ノイズ多、漏れ少

例2)
  2つのキーワード。どの検索項目、文字数いくつで、AND演算するか?
  → 通常、例1より差が拡大。

だからセンスが必要。状況判断が大切。個人差が出るのはこの場面。

 補足 : 近接演算について

 補足 : 概念検索の基本動作と用途について

分類検索の基本特性

・ 同じ知識、同じルールに従って検索すると、個人差が小さくなる。(但し、ゼロにはならない)
  正しく使うと、一定のクオリティが確保される。

 階層構造の理解
・階層構造は読める方が良い。

・データベースによって階層の取り扱い(検索のしかた)が違う。
→ドット
→文字列



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


まだまだ続きます.

続きは明日です~!

→次のレジュメ :  試し検索1~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌07




初級~中級 シリーズ 内容公開 一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: