ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/02/19

検索パターン3~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌16


photo credit: gynti_46 via photopin cc
体系的検索コース の レジュメです。

ごく簡易な情報収集のパターン。

検索技術としては、高度なテクニックはめったに使わなくて、

どちらかというと、
「依頼者の希望を読み取る」事が大切なのかと。

では、続きから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● パターン2 / 小さな網で魚とり

簡易な情報収集:いろいろな状況を含む。

・技術内容の確認

・調査の背景確認
→依頼者・目的・スピードなど。
→時に「拙速さ」が求められることもある。スピード練習も大事!

・検索のパターン
→いろいろ。 依頼者と目的による。
→GoogleでのWeb検索でも良い場合もある。
→技術者がキーワード検索でうまくいかないと依頼された場合、Fタームで見てみると、技術用語が違っている場合もある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ごく簡易(←下線引いて強調w)な情報収集って、

依頼者の方が
「サクッ!とできそうな感じ ≒ 15分もあれば答えが出そうな?」
ってイメージを、内在してるんだろうなー、って思う事があります。(私の場合)


「簡単にできそう。
 でも、自分じゃできないんだけど・・・ね?」

という、この感じ。


今では少なくなったけど、
「パソコンが苦手だから、タイプ打ちを頼んでくる上司」
に、ちょっと似てる状況かも?しれません。

この 「簡単にできるんだよ・・・ね?」 って感じ。
これって、サーチャーに期待されてる事のひとつ、なのかも。


ちょっとした事なんですけども、
簡単にお応えできる期待なら、
そうできた方がいいのかな、なんて。

まぁ、ここはそういう事なんです。

「検索パターン」シリーズは、もう少し続きます



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: