ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/02/20

検索パターン4~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌17


photo credit: Patrick Silveira via photopin cc
体系的検索コース の レジュメです。

検索、というか「人間の探索行動」には、大きく3パターンあります。
・・・って前提で、続いております。

これですね↓

ここから3つめ。「網羅・徹底系」 の概要になります。
この記事は概要だけ・・・

では、続きから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パターン3/地引き網を流す ~ 網羅・徹底系

● 網羅・徹底系の全体イメージ

大きく 「網羅」 と 「徹底」 に分かれる。
両者は検索の最終イメージ、落としどころが異なる。


・ポートフォリオ系(網羅的)

→ 侵害予防調査
→ 広範な情報収集
→ 用途探索系

着地点(調査ポイント)を分散させる。

複数の検索範囲を設定して、広い面を網羅的に埋めるイメージ。
photo credit: dhyanji via photopin cc

終着点を見出しにくいので
 # 広大な池なら、蓮の葉もどこまでも増殖できる。
最終的な広さを意識しておくとよい。


・コミット系(徹底的)

→ 無効材料調査

着地点 (調査ポイント) は、基本的には1つ。
# ポートフォリオと比較。

到達点は中央の1点だけで、
辿り着けない場合は、アプローチを変えていく。

photo credit: origami_madness via photopin cc


登山に例えると、
頂上はひとつで、登山道はいくつもあるイメージ。
検索条件 = 登山道を変える。

photo credit: Maki_C30D via photopin cc


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


もう少し続きます.



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: