ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/02/12

分類基礎3~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌10



photo credit: tanakawho via photopin cc

体系的検索コース の レジュメです。

この記事から[初~中級] の 2日目になります。

2日目は、少しだけ分類の解説をした後、
本検索、検索各論、と続いていきます。

では、続きから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本特許の分類 ~ 基礎知識

・IPC(国際特許分類)
・FI記号 … 日本独自。基礎情報。
・Fターム

基礎知識
→特許が出願されると、初めにFI記号が人手により付与される。
Fタームの「テーマコード」と「IPC」は自動付与。
FI記号とFタームのテーマコードの対応表、
FI記号とIPCの対応表があり、
この対応表に従い自動付与される。

→FI記号は、発明主題の内容に対して付与される。
発明主題≒請求の範囲・・・主要実施例も加味される。

→Fタームのテーマコードから、Fタームのコードを付与する。これは人手で付与。
Fタームの付与範囲・・・個々のテーマコードで違う。
代表的なものとしては、請求の範囲+実施例+図面。


Fタームについて
 Fm型とFs型、ハイブリッドテーマ

→うまくいきやすい検索の仕方がそれぞれの型で違う。

→決まり事を守れば、誰でも同等の検索結果が得られる。

→Fタームは審査官分類。特許審査向けのサーチに多用されている。
審査されている出願に対して、効率よく・ピンポイントで先行資料を探すための分類。

→出願前調査もFタームを使って効率よく終わらせるとよい。

→Fタームは先行例を十数件~数十件に絞り込むのに最適化されている。
上手に絞り込む分類。
網羅性を上げる工夫。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Fタームって、
審査官の方がたくさんいらっしゃる前提で、
「同じように調査ができる→審査水準が担保できる」
ように、と作られたシステムなんじゃないかな~、って思うんですよね。

ルールに忠実に使うと、
個性は見えにくくなるかもしれません。
いろんな意味で。


まだまだ続きます★

→次のレジュメ : 分類基礎4~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌11



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: