ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2013/02/05

データベース3~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌03


photo credit: Jill Clardy via photopin cc

体系的検索コース の レジュメです。

データベースの3回目。
人間の行動と、特許情報検索のマッチングについて、です。

では、続きから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  検索行動のパターンと「特許情報検索」

・特許検索は網羅・徹底検索がとても難しい。

 検索条件(検索式)を網羅的に作らないと、網羅的な検索結果は返ってこない。

(トレーニングを受けてない)人は絞り込みの方向に検索したがる。
そして検索エンジンも絞り込み演算しかできない。


● 人間の脳は特許情報検索が苦手?

特許データベースでは網羅・徹底検索が難しい→人間が網羅・徹底的な検索式を作る必要がある。
→しかし、人間は網羅・徹底に考えることが難しい。
→だからトレーニングする。


検索エンジンそのものが 「具体的・指示された内容」 を探すもの。
検索エンジンに伝わるような指示を出すことが 「検索テクニック」。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


検索エンジンの特性をよーーーーーく理解して、
検索エンジンにわかるように、指令を出せればいいんですけど、

人間の向いてる方向 = 具体的
検索エンジンが得意なのも = 具体的

だから、
網羅的・抽象的な検索って、
難しいんだと思うんですよね~。


続きますっ★
→次のレジュメ : データベース4~[初~中級]具体的テーマを検索/講座全貌04




初級~中級 シリーズ 内容公開 一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: